耳ツボ

  • 2017年9月8日

    サロンのウォーターサーバーを新しくしました。

     

    だいたい三年に一度入れ替えていますので、今回で四台目です。

     

    硬度はやや高めの120mg/L 。

     

    軟水と硬水の違いはミネラルの含有量で決まり、ミネラルが少ない水を軟水と呼び、逆に多い水を硬水と呼びます。

     

    WHO(世界保健機関)の基準では120mg/L以下が軟水、120mg/L以上が硬水、180mg/L以上が超硬水とされています。(販売用のミネラルウォーターの基準はWHOの基準とは異なります)

     

    ですので、今回のうちの水は、軟水の中で一番硬度が高い水ということになります。

    お水に含まれるミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)は、地層の中の岩石から時間をかけて溶け出したものです。

     

    日本は国土面積が狭く、川も傾斜が急な地域が多いため地層に浸透する時間が短いので、ミネラル分を多く含む硬水にはならずに、ほとんどが軟水になります。

     

    ヨーロッパや北米などの大陸は石灰岩地質が多く、水が地層に浸透する時間も長くなるため、硬水になりやすいのです。

     

    ちなみに「六甲の美味しい水」は32mg/L 、エビアン(フランス)304mg/L 、コントレックス(フランス)1468mg/L

     

     

    普段の飲料としてだけでなく、料理によって使い分けることも出来ます。
    硬度が高い天然水には、肉の臭みを取り除いてくれたり、パスタのコシを出してくれたりするほか、素材の灰汁や臭いを取り除く効果があります。

     

    一方で、硬度が高い水では旨味成分が溶け出しづらく、素材の良さが引き出せないといわれているため、和食には向かないと言われています。

     

    水によってその国々の食文化が発展していったと言っても、過言ではないように思いますね。

     

    マグネシウムは、タンパク質の合成やエネルギー代謝筋肉の収縮、血圧調整、体温調整、血糖値の調整、ビタミンB1の保持などの働きがあり、

     

    健康効果は心臓病、高脂血症、糖尿病、血糖値の改善などがあります。

     

    マグネシウムをはじめ、ミネラル分の過剰摂取は、もちろん健康被害がありますので、硬水を飲み続ける場合、様子を見ながら飲み続けることをお勧めします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2017年6月5日

    ホームページが完全リニューアルしてから

     

    今日で一週間が経ちました!

     

    有難いことにご好評いただいております。

    ホームページクーポンには載っていないクーポンや、

     

    さらにお安くなっているクーポンなどの情報を

     

    LINE@&メルマガにてお送りさせていただきます。

     

    他にも、臨時休業やその他の情報もお送りいたしますので、

     

    ぜひ、ご登録くださいませ!

     

    HPの各ページに登録フォームがございます。

     

    LINE@ & メルマガ ご登録はこちら。